トヨタクラウンが生産終了⁉悲しすぎる理由とネットの反応がこちら・・・

NEWS

2020年11月11日早朝、中日新聞から衝撃のニュースが飛び込みました。トヨタ「クラウン」が現行モデルをもって生産中止となり、2022年からSUVスタイルの新モデルとして生まれ変わるというのです。

トヨタ自動車が高級セダン「クラウン」を現行型で生産終了するのは、限られた投資資源の中で、市場ニーズに合う車種に開発を集中する戦略の一環だ。年齢とともに購入する車のランクを上げる、かつての消費者の嗜好(しこう)は大きく変化し、ライフスタイルに合わせて選ぶ傾向が強まっている。「いつかはクラウン」のキャッチコピーのもと憧れの存在だったセダンも、車種削減の対象となる。

引用元:中日新聞

トヨタのクラウンと言えば、トヨタ自動車の車の中でも一番長い65年の歴史を誇る、トヨタを代表する名車です。このクラウンが2020年に今のセダンスタイルを終了するというのです。

今回は、なぜトヨタからクラウンが消えてしまうのか?また、これに対するネットの反応についてまとめてみました。

トヨタ クラウンが生産終了になる理由

初代クラウン
https://gazoo.com/feature/gazoo-museum/meisha/crown/12/12/25_2/

このトヨタクラウンが生産終了となる理由ですが、これはクラウンの抱える生産事情が影響しているようです。

~トヨタ クラウンが持つ生産事情~

  • クラウン人気は日本国内にしか無い
  • 日本でのセダン需要の減少

海外では売ってない⁉売っていても人気が低い⁉クラウンの真実

トヨタ自動車自体はグローバルな企業であり、数多くの車種を全世界で販売しています。特にトヨタのカムリやカローラは、北米市場でも絶大な人気を誇っています。しかしながら、北米市場にはクラウンはラインナップされていません。

また、北米以外のセダン大国と言われる中国。中国にはクラウンのラインナップがありますが、日本のように「クラウン」というネーミングで購入している人が少ないというのが現状です。

更に、中国でのクラウン人気の無さに追い打ちをかけているのが、レクサスの存在だ。
トヨタの高級車ブランドとして世界中で人気のレクサス、これがクラウンの首を絞めてしまっているようです。

中国ではクラウンは購入車種に選ばれない?

中国トヨタ カムリ
https://response.jp/article/img/2017/11/22/302814/1247783.html?from=tpimg

中国でのトヨタ・レクサスの新車販売価格をまとめたのが下のグラフです。

中国で人気のセダンは、中価格帯のミドルセダンもしくは、ラグジュアリー高級セダンというのは有名な話ですよね。
すると、ミドルセダンはトヨタカムリがカバーしていて、高級セダンはレクサスがカバーしていることになります。
ここで、トヨタクラウンの価格を確認すると、レクサスの車種の間に入ってしまっています。
ブランド志向の強い中国では、同じ価格でトヨタ車を買うのであれば、レクサスを買うという購買思想となってしまうので、クラウンは購入対象から外されてしまうんですね。

日本市場におけるセダン需要の衰退

トヨタ SUV 新型RAV4
https://www.goo-net.com/magazine/109048.html

現在の日本市場において人気がある車型は「SUV」と「ミニバン」ですよね。

このことは、町中を走る車たちを見れば一目瞭然かと思います。

SUVはトヨタ「ハリヤー・RAV4」を筆頭に、日産「エクストレイル」、マツダ「CX-5」等、
ミニバンはトヨタ「ヴェルファイア」、日産「セレナ」、ホンダ「ステップワゴン」等、

このあたりの車種を見ない日は無いというくらいに人気ですよね。

これに対して、セダン人気は落ち込む一方です。

クラウンのネーミングバリューで売ることのできる、日本市場での需要減少。どんなに、ネーミングバリューがあっても、需要が少ないので利益にならないのです。
利益にならない商品を切り捨てるというのは、商売としては基本的な考えなので、クラウン生産終了は仕方がないのかもしれません。

しかし、冒頭にも記載したが、クラウン自体はなくなるわけではない。名前はそのままに車型がセダンからSUVに変わるのである。トヨタもクラウンのネーミングバリューは捨てきれないようですね。

トヨタクラウン生産終了を受けたネットの反応

トヨタクラウン生産終了のニュースを受けて、インターネット上では様々な意見が飛び交っている。
ここからは、各意見を紹介していこう。

SNS上の声

売れないから作らない。 まぁ、当然だけど、この車が好きな人には悲しいかな。 そんで、全く違う形とコンセプトで名前だけ復活が、もう悲しくて堪らなくる最悪のパターン。

クラウンがSUV化とか新聞に載ってたなー。もう何だか分からなくなってきてますね

昔はクラウンマジェスタかセルシオ 買うのが一つのステータスだったなぁ。 時代だね

クラウンはセダンのままで、SUVはそれはそれで考えればいいんじゃないのかなー??? マークXもなくなり、セルシオをもなくなりトヨタのVIPセダン無くなるは寂しい。

時代の流れとは言え、クラウンという車がなくなってしまうことを惜しむ声が多いいのが見受けられます。中には、マークXが無くなったときと重ねて、語っている方もいらっしゃって、歴史ある車の幕が降りることへの悲しさを伺えます。

さらに、子供時代から乗っていた車として、懐かしむ意見も

かつて販売終了となってしまった車を取り上げながら、
クラウンは別格であり、無くすべきではないという意見も

トヨタクラウンが生産終了を受けてのまとめ

今回は、なぜトヨタからクラウンが消えてしまうのか?また、これに対するネットの反応についてまとめてみました。

確かに、今の市場でセダン需要が落ち込んでおり、かつ世界では人気がない車というダブルパンチを受けてしまったトヨタクラウン。

同じ様に国内での高い人気を博していた車種として、日産スカイラインやホンダシビックなどがいるが、彼等は前もって海外へと活路を見出していた。

トヨタ クラウン生産終了は、日本から海外への活路が見いだせなかった結果、招かれた悲劇なのかもしれない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました